あくまで看護師としてのキャリアアップを

あくまで大学・総合病院・クリニックなどで勤務する看護師として、この道を究めるという方もいらっしゃると思います。
看護師がいくら転職・復職しやすいとはいえ、1年2年で退職を繰り返しているとマイナス評価に繋がってしまうかもしれません。
そんな時のために履歴書に書ける資格を持っておくと心強いでしょう。


●看護師のキャリアアップ●

・認定看護師
認定看護師は、看護協会が認めた機関での6か月間の研修を受ける必要があります。病院側で学習支援制度を設けているところがあり、その支援内容も多種多様です。
出来る看護師さんが増えることは、ドクターにとっても、病院全体にとっても喜ばしいことです。
転職を機に、認定看護師資格取得支援制度が整っているところに転職するというのがオススメです!
一緒に成長を目指してくれる病院を探しませんか?(認定看護師資格取得支援制度のある病院を探すなら「看護のお仕事」
a6e20904dd36377af1d1cb295fbc0d0c_s

・専門看護師
大学院に入学し、2年間勉強しないといけないので、かなりの難関資格だと言えるでしょう。さらに看護師としての実績経験が2000時間以上必要となり、知識だけでなく実践経験も求められるので、名実共に「看護師のスペシャリスト」と言えるでしょう。
ただし、病院で働きながら勉強するのはほぼ不可能と言われており、時間的にも体力的にも余裕があるアルバイトをしながら勉強するのが精一杯だと思います。
2年間通い続ける意志と、2年間の生活を支えるだけの貯金、もしくは支援を確保してからでないと難しいでしょう。


●人間的キャリアアップ●

「看護師は究極の接客業」という言葉と「病は気から」という言葉にある通り、あなたの言葉や振る舞い一つだけでも、患者さんに大きな影響を与えている可能性があります。特に病棟担当の方だと、患者さんに接する機会も時間も、ドクターたちより圧倒的に多いのが看護師です。相談や不安を解消するだけでなく、ちょっとした仕草や発言から体調の変化などを見抜ける力などが備わっていると、あなたの仕事力への評価にも繋がるかもしれません。

7cec735a5b672b9d77554d27fd7e2a5e_s そのことに重点を置き、心理学・栄養学など医学とは少し離れた分野の研修やセミナーを受講し、看護師の「人間」としての部分をブラッシュアップすることに重点を置いている人もいます。
大学病院や、看護大学と提携している病院などでは、定期的に研修・セミナーのお知らせなどが回ってきて、勉強する機会も自然と多いかと思います。

次の記事を見る>>>>>世界を舞台に活躍