何より「給料」でしょ!

看護師の転職活動。他の人はどんなことを重視してるのか気になる方はこちらでどうぞ!


●給料がやっぱり一番大事?●

8d669b879a1bc14e17dd02e9889c7575_s 「お給料」とは「我慢料」。そんな言葉もあります。もちろん、看護師のお仕事は「耐えたから」という単純な理由だけでお金をもらっているわけではありません。それに見合った知識や経験に則って働いています。
けど、やはり貰える金額が少なければ少ないほど、「我慢の限界値」も変わってきてしまうのが人情ってものですよね。

そして、給料額が自分への評価だとお考えの方もいらっしゃるようです。
また、医療の現場に関わっているからこその「お金の大事さ」というのを身に染みて理解している方がいるというのも、看護師ならではかもしれませんね。


●看護師になったのは高給取りになれるから?●

給料重視派の方にご意見を伺ってみました。
☆そもそも看護師という仕事を選んだのが、「女でも年収500万円を目指せる」という理由だったので、給料にこだわらない理由がない。(A・Hさん/神奈川/30代)

☆患者さんからの感謝の言葉とか、笑顔で退院していってくれる姿も励みになっていますが、やはり数字で、目に見える形での「評価」が欲しかったので。勤続年数や、キャリアなどがきちんと数字で、お給料で示してくれるところが良かったのです。

☆看護学校時代のハードな実習や、今のハードな勤務時間を考えたら、給料が高くないとやってられない。(M・Sさん/北陸/20代)

☆十分なお給料で、十分な休養と生活を送れるからこそ、十分な労働が出来ると思っているからです。看護師は身体が資本!(H・Oさん/愛知/40代)

☆長年働いてきて、お金がないから満足な治療を受けられなかったり、手術費が高すぎて手術を受けられなかったり、家族に借金させてしまうなんて場面に何度か出くわしているので、万が一の時にも安心できる保険の配備などにも気を配ることが出来るだけの給料をもらっておきたいと思っています。そういう意味では看護師は理想的です。(Y・Sさん/東京/30代)

☆お給料重視な方には、勤務半年でボーナス10万円ももらえる「ナースではたらこ」がオススメ☆
logo_head01


次の記事を見る>>>>>労働時間・休日・夜勤回数が大事