労働時間・休日・夜勤回数が大事

看護師の転職理由TOP3の常連「労働時間や夜勤の回数」を、何よりも最重視するという方からご意見伺いました。


●看護師という資格をフルに活かしたい●

922d0c2035dc3e0acdefb11a38c65e03_s 看護師の仕事は激務な分、やはり女性の仕事の中では高給であるので、給与面も大事です。
しかし看護師という資格の持つ「魅力」は、何も給料が高いということだけではありませんよね。
例えば、一度退職してもすぐに仕事が見つかる、出産・育児を終えてからでも復帰しやすいなど、「すぐ働ける・長く働ける」というポイントに重点を置いている人も多いのです。

だからこそ、「若い内に無理し過ぎて身体を壊しては意味がない」とお考えの方も多いようです。
せっかく苦労して取った資格ですから、「旨み」といっては聞こえが悪いかもしれませんが、「魅力」をフルに活用できるよう、ご自身のライフプランと、体調などとのバランスを見ながら考えてみてはいかがでしょうか。


●みんなの声●

☆この不況の世の中、結婚して退職した後、夫の収入だけに頼り切るなんてことは怖くて出来ないので、看護師の仕事を選びました。20代の内は夜勤も平気でしたが、30代になると睡眠サイクルが定まらないということが辛くて仕方なくなったので、夜勤のないクリニックに転職しました(H・Uさん/30代/東京)

☆ウチの病院は、日勤でも夜勤でも実質労働時間は同じでした。だったら夜勤の方が夜勤手当も付くしお得じゃん?って考えでどんどん夜勤に入っていたのですが、20代後半の時に身体を壊してしまいました。夜勤手当で貯金も出来ていたので、ゆっくり人生の夏休みを取って復帰しましたが、結局夜勤が辛くて転職しました。やっぱり自分がある程度元気じゃないと、人の看護もできないと実感しました。(A・Oさん/30代/茨城)

☆夜勤無しという条件で入った病院でしたが、日勤の労働時間がとんでもなく長かったです。残業というか、看護師歴5年未満の看護師全員が参加しなきゃいけない勉強会があり、それに必要な準備や勉強がとんでもなく時間かかるのです。朝8時出勤、夕方5時退社なのですが、毎朝始発に乗って、9時、10時くらいまでレポート書いたり、文献読んだりしていました。仕事じゃないから残業代もつかないし、散々でした。(E・Sさん/20代/愛知)

☆条件重視な方には、「条件交渉もお任せ」な「看護のお仕事」がオススメ!☆
imgHeaderSet2


次の記事を見る>>>>>やっぱり安定感