夜勤看護師

仕事であれば収入を考えるのは当然です。同じ看護師の勤務内容ならより給料が多いほうがいいはずです。


<夜勤勤務の時間は>

夕方から次の日の朝まで勤務するのが一般的ですが、申し送りがある場合は日勤の看護師との連携で時間を早く出勤したり、遅くまで勤務したりがあります。

夜起きて仕事をするのは身体がつらく睡眠時間を工夫したり、一定のリズムをつくること体調管理が大事になってきます。
それができなければ他人を看護することはできなくなります。

特に女性は生理や睡眠不足からくる肌荒れなどは注目したいポイントです。

しかし夜勤も給料面を考えるなら利点もあります。
夜勤手当てや休日出勤手当てです。


<体調管理のコツ>

不規則な生活はつらいですが、それなら規則正しい生活に近づけていけばいいのです。
就寝時間を整えてそろえたり、眠いからといって無制限に眠ったのでは起きたときに疲れがとれるどころか、だるさだけ残ったりします。

強制的に眠る作戦もあります。
少しでも運動する習慣をつけ程よく疲れてから眠りにつけば睡眠の質もよくなり、目覚めがすっきりすることです。

夜勤あけで身体は疲れていても脳が覚醒して眠れないときは、お酒の力を使いリラックスする手もあります。

ハードな仕事であるのは間違いないので自分でメリハリを作り仕事をしていくのも看護師の大事な資質になります。