看護師の求人で大切なこと

病院、老人介護センターあるいはデイサービス業界にとっては、優秀な男女の若い看護師は喉から手の出るほど欲しい人材であり、金の卵のような存在です。このような貴重な人材の求人案内に当たっては、給料や福祉関連の詳細、就業場所の仕事の内容、施設の状況、新人教育カリキュラムの存在など正しく紹介することが大事です。就職を目指す人が、自分に適した職場かどうかを判断できる情報を開示する事により、職場についた後の対応がしやすくなり、採用後の離職率を下げることができます。求人広告の情報が間違っていたり、情報不足が理由で職場についてからこんな筈ではなかったとの後悔の念が高まり、辞めてしまうのでは貴重な人材を失うことになります。


<充実した情報開示>

求人広告の情報開示に当たっては、ペーパーやネットによる情報開示だけでなく、希望すれば就業現場の見学や就業体験等の機会が得られるなどの便宜が図れると、それだけでも魅力的な職場のイメージが醸成されて、就職希望者が増える結果につながります。就職希望者が増えれば増えるほど、優秀な看護師が得られる可能性が高くなり、施設側にとっては願ってもな状況になります。


<適材適所は人材育成を後押し>

看護師の仕事は広範囲におよび適材適所の人材を配置できるかどうかで、その後の職場での活躍度合いが決まります。その人に適した職場であれば、知識や技術の修得に積極的になり、逆の場合は仕事への取り組みが消極的になり人材育成に大きく影響します。適材適所の人材配置ができるかどうかの原点は、採用する時に適切な人材確保ができるかどうかにあり、求人時の対応が鍵になります。