看護師の資格を取れる場所

看護師の不足がニュースなどでも取り上げられています。一方で看護科を卒業する生徒は増えているそうです。理由として、就職がしやすいこと、育休や産休を取って復帰できる環境が多いことなどが挙げられているそうです。しかし、現場での対応などが日々変化することや、人間関係、労働環境などで辞めてしまうひとも多いそうです。


●大学でも取れる看護師資格

看護師の資格は看護学校を出ることで取れます。国家試験の資格なので、国家試験に受かることができればいい、とも言えるのですが非常に専門的な学習範囲が多いので、看護学校や大学で資格を取る人が多くいます。現在では、大学でも資格を取得できる学校が増えてきたことから、看護師資格ももし取るのであれば4年制大学で取ったほうがいい、と考える人も少なくないようです。(おすすめの記事>>>>>あくまで看護師としてのキャリアアップを)一部の大学では、看護師資格と別に、4年生大学卒業のナースのほうが初任給は高いという例もあると言われています。


●大学を卒業することで看護師資格以外も取得

例えば4年生大学であれば、幼児教育などを専攻することで、看護師資格と別に保健師や、養護教諭の資格を目指すこともできます。養護教諭とは小学校の保健室にいる先生のことです。保健師の資格はナースの資格が必須ですが、その後に活躍できる場が広がることから、ナースとして働きながら資格取得を目指す人も少なくないと言われています。