看護師の資格を目指すなら

看護師の資格を取ることのできる教育機関が増えているそうです。過去は病院などが運営している専門学校に通って資格を得ることが一般的でしたが、現在では大学でも看護師の資格を取得できるケースが増えています。医療系の大学も増えており、大学内で看護科を設置しているところも多いそうです。


●大学と専門学校、どっちがいいの?●

一般的には、現在、看護師の資格を取得するのであれば、大学を卒業したほうがいいといわれています。大学では卒業論文や、卒業資格を得るために必要な課題が専門学校よりも多いこと、ディベートの時間が多くとられることもあり、大きな病院では大学卒業者のみしか就職の試験の対象にしていないところもあると言われているそうです。(おすすめの記事>>>>>看護師求人ナビネット)そのため、よほどの理由がない限りは大学で資格を取ったほうがいいというのが一般的な意見とされています。


●他の資格が取れるメリット●

大学で看護師の資格を得るメリットとして、ほかに養護教諭などの資格も同時に得ることができるという点が挙げられます。小学校などで保健室にいる先生の資格で、これは専門学校では得ることができません。結婚しても仕事を続けたいときなどにも有効な資格と言われています。短い時間で国家試験に合格するには専門学校のほうがいいという意見もありますが、長い将来を見据えるという点で、大学を選ぶひとがふえていると言えるでしょう。