看護師を目指している人へ

看護師は社会になくてはならない、立派な仕事です。その仕事にこれから就きたいと考えている人に、応援の意味を込めて役立つ情報をお届けします。


看護師になるには

現在、あなたが学生でも社会人でも、身分に関係なく看護師にはなることが出来ます。とはいえ、誰でもなれるという訳ではありません。看護の仕事は、人の命にも関わる大変な仕事なので、きちんとした国家資格を取得するために看護学校などの養成施設で最低でも3年は勉強しなければいけません。(おすすめの記事>>>>>あくまで看護師としてのキャリアアップを)今社会人の人なら、定時制の看護学校もあるので働きながらでも目指すことが出来ます。また、待遇は若干異なりますが、准看護師という都道府県単位の資格もあるので、まずはそちらを目指してみるのもいいでしょう。


仕事で大変なこと

看護の現場は、いつナースコールがなるかわからないので非常に忙しいという話をよく聞きます。緊急事態時に即座に対応が出来るように、勤務中のほとんどは立ちっぱなしとなり、体への負担が大きいのも事実です。しかしながら、シフト制の現場ではなかなか自己都合での休みをもらうわけにはいかないので、体調管理には気を付けなければいけません。しかし、それでも多くの人が看護師として働いているのには、それだけのやりがいがあるからなのです。