看護師不足問題をとりまく環境に大きな変化

日本の看護師不足は非常に深刻な問題です。(おすすめの記事>>>>>看護のお仕事)看護師が不足する⇒労働環境の悪化⇒退職。このような悪循環が解消されずに今に至るのです。超高齢化社会に突入している日本にとってこの「不足問題」は一刻も早い解決が急がれる重要事項です。


●看護師資格保有者の自己申告が義務化●

様々な機関で看護師不足対策が論じられている中で、より具体的な法案が社会保障審議会医療部から提示されました。この法案は既存の「看護師等の人材確保の促進に関する法律」を改正したもので「一定条件を満たす看護師資格保有者のナースセンターへの自己申告を義務化する」という内容も盛り込まれています。「一定条件を満たす」という対象者は、年齢や環境条件的に就労に無理がない有効な方をターゲットに絞ったものです。また、就職を強要するものではなく悪魔でも「支援目的」の情報提供や講習、調査などが行われます。


●職場環境改善に具体案●

このプログラムを円滑に進める為には、システム開発や運営人材の確保などが必要になってくると言われています。しかし、ターゲティングして求人、支援を行うこのプログラムは効果的であろうという見方は強いようです。また、各都道府県に「医療勤務環境改善支援センター(仮称)」を設置するという方策も決定されており、離職原因となっている職場環境の問題に本格的にメスが入る事になりそうです。